ネコでもわかるFX入門講座

「ネコでもわかるFX入門講座」の有益情報をお届け!

投資情報、旬の注目株式銘柄を毎日発信

投資に参考になるニュース&情報を毎日発信しています

2008年05月19日

第8回 FX取引で得る利息収入について


FX取引の魅力の一つはインカムゲイン(利息収入)があることでしょう。
もっとも、普通の外貨預金や外貨MMFでも同じですが、利息収入については、FXの場合は利息を日々受け取れるということと、スワップポイントと言って、通貨間の金利差を利用して稼ぐので、他のものと比べて利率が高いのが特徴です。

ただし、FXは外貨預金とは異なり、積極的に儲けて行く投資ですから、FX初心者とはいえ利息収入に安住するのは好ましくありません。
というのも、1万ドル(120万円とします)に対して年利5%の利息がつけば、利息収入は年6万円になります。
複利で運用できますから、10年後の利息収入は約75万円になります。

これはこれで結構な資産運用で、実は日本でも20年くらい前までは普通のスーパー定期預金でも、これくらいは稼ぐことができたのです。
現在の日本の雀の涙もでないような低金利政策が長く続いているからこそ、FX投資が流行する訳ですが、実はインカムゲインまたはスワップポイントには、不安定要素が2つあります。

そのひとつは、為替相場の変動です。
上の例で見ますと、1万ドルが120万円から100万円に下落した場合には、20万円の含み損が発生しますので、おおむね予定していた利息収入の4年分くらいは食いつぶしてしまいます。
さらに利息収入も減る訳ですから、上の例だと含み損も含めて10年間の利益は半減してしまいます。

そしてもうひとつは、通貨銘柄の相手国の金利変動です。
FXのインカムゲインは自国と相手国との金利差を利用して稼ぐ訳ですから、相手国の利率が下がれば、インカムゲインも当然下がります。

このように、インカムゲインだけでのんびり儲けようとすると、相手国の金利変動までチェックしなければならず、FX初心者には簡単なようで、実は難しくて割に合わなくなってしまいます。
なので、常に為替相場はチェックしていて、キャピタルゲインで着実に稼ぐのを基本にして、インカムゲインは特典として考えておくのが、FX初心者だけではなく、全てのFX資産運用をされる方にいえることでしょう。



第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用
第3回 FXは利息でも儲ける事が可能
第4回 FXでの資産保全
第5回 FXは主婦にもオススメ
第6回 FX取引の証拠金について
第7回 FX取引の為替差益について

2008年05月12日

第7回 FX取引の為替差益について


FX取引で扱うのは、大きく分けて、「キャピタルゲイン」と「インカムゲイン」の2つがあります。
ここでは、FX初心者向けに、その概要と違い、この二つの使い分け方について解りやすく説明したいと思います。


まず、キャピタルゲインは、日本語で表すと「為替差益」で儲けることを言います。
為替差益は、FX取引の基本となります。いわゆる株の相場差益に相当するもので、大きく儲けるにはキャピタルゲインを中心に据える必要があります。


理由は、後ほどインカムゲインの項で説明しますが、金利のみで利益を出そうとしても、為替レートがほんの少し変動しただけで、利益がふっとんでしまい、損はしないが儲けもでないということになってしまうからです。
これでは、FX初心者は全く面白くないと思います。


もちろん資産保全のために外貨口座を開設しているのなら、とやかく言うことではないですが、儲けようと思ったら、まずは為替差益で儲けるキャピタルゲインを中心に据えるべきと思います。


キャピタルゲインですが、その仕組みを言ってしまえばとても簡単で、要するに「安く買って高く売る」ということです。
これはFX取引に限らず株でも一般のビジネスでも原則は同じです。
ただし、FXが株や商取引と違うところは、為替レートが上がっても下がっても儲けが出せるということが挙げられます。
解りやすき言えば「高く売って安く買う」という取引が出来るんです。


というのは、株や商取引が「買い(仕入れ)」から入るのに対して、FXは「売り」から入ることができるからなんです。
たとえば、 1ドル=120円で1万ドル(120万円)売った場合、1ドル=110円になったとき1万ドル(110万円)分を買い直せば、10万円(120万円-110万円)の利益が出ます。


このように、FXのキャピタルゲインは、相場高、相場安の両面から攻めていくことができるんですね。


FX初心者は、まずキャピタルゲインの練習からはじめるべきでしょう。
後で書きますが、バーチャルFXというゲーム感覚で出来るサービスがありますので、そこで練習してみるのも賢い方法ではないでしょうか。


第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用
第3回 FXは利息でも儲ける事が可能
第4回 FXでの資産保全
第5回 FXは主婦にもオススメ
第6回 FX取引の証拠金について

2008年05月02日

第6回 FX取引の証拠金について

FX(外国為替証拠金取引)がどのように行われているのかについて、FX初心者に分かるように説明して行きたいと思います。

FX取引では最初にFX取引業者に証拠金を預けることによって取引が開始されます。
外貨預金や外貨MMFのように取引金額の全てを自己資金でまかなうのではなく、FX業者に一種の担保のような資金を預けて取引を行うのことになります。
証拠金の額は、最低1万円、一般的には10万円くらいが相場のようです。

この証拠金に対してレバレッジ(梃子の原理)をかけることで、預けた証拠金の10倍から最高200倍までの取引が可能になります。
レバレッジの倍率は業者によって異なりますが、最高レベルで見ると、10万円の証拠金に対して最高2000万円の取引が行えることになるわけです。
この点がFXの魅力でもある訳ですが、FX初心者の場合はいきなり高いレバレッジをかけてしまうと、当然応分のリスクも負わねばならないですから、最初は10倍程度の低いレバレッジで練習してみて、FX取引の概要をつかむことから始めるのが得策です。

慣れて来て、FX初心者を卒業する頃になったらレバレッジの率を上げて行けば、より多くの額の取引が可能になります。

なぜ、このような仕組みになっているのかというと、為替レートは一般的には変動率が小さいので、特にキャピタルゲイン(為替差益)で儲ける場合には相当数の資金がなければ、大きな儲けが出ないからなんです。
相当数の資金を自己資金でまかなうとなれば、FXを始められる人はぐんと減ってしまいます。
それで一種の信用取引きのような形で証拠金を預け、レバレッジをかけることによって、FX初心者に対する敷居を低くしているんですね。


第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用
第3回 FXは利息でも儲ける事が可能
第4回 FXでの資産保全
第5回 FXは主婦にもオススメ
2008年04月09日

第5回 FXは主婦にもオススメ

少ない資金で始められるFX(外国為替証拠金取引)は、リスクの少ない資金運用です。
主婦の副業としても、10万円程度ではじめられるのですから、オススメです。

とはいっても、生活のためにやるのでは面白くありませんから、とりあえず、欲しかったあの服を買うとか、ブランドバッグを買うとか、目標を定めて外貨取引を初めてみるということです。
FX初心者ならドルかユーロが良いでしょう。

主婦の才能の一つは、お金の計算に細かいことです。どういう事かと言うと、男性なら相場変動なしと考えるような細かい変動に対しても取引できるということです。

専業主婦の方なら時間はたっぷりあるので、FX初心者があっという間にベテランになることも考えられます。
もし万が一、損失を出しても、日々の生活やりくりで上手に補填できちゃうのも、主婦の強みではないでしょうか。(笑)

さらに、手数料や諸経費に細かい主婦の方にもオススメな理由として、FXは手数料が安いということです。
ここでいう手数料とは円と外貨の両替手数料のことですが、例えば円をドルにすると、1ドルあたりの往復手数料は外貨預金で2円、外貨MMFで1円に対し、FXでは無料〜20銭と非常に低額です。
つまり1万ドル(100万円)を動かしても、2000円程度の手数料です。10万円程度の取引なら、200円ですね。

FX初心者にとっての魅力のひとつは、この手数料の安さにあるんです。
わずかな相場変動でも安心して金を動かせますからね。

私はドイツの某出版社の輸入代理店も営んでいますが、仕入れの際の送金手数料と両替手数料の高さにはいつも泣かされます。FXなら500円程度の手数料なのに、2500円以上もかかってしまうんです(泣)

話がそれてしまいましたが、とにかくFX(外国為替証拠金取引)は主婦にもオススメ!
主婦のお小遣いを増やして日々の暮らしにゆとりを持つためにも、ぜひトライして欲しいですね。

第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用
第3回 FXは利息でも儲ける事が可能
第4回 FXでの資産保全
2008年03月17日

第4回 FXでの資産保全

2007年問題と数年前から言われてきた、団塊世代の大量リタイヤで、退職金の有効運用を考えている人は多いのではないでしょうか。

まだ独立していない子供がいる場合は、学費や養育費が掛かりますし、住宅ローンの返済等もあるでしょうが、余剰資産をただ漠然と定期預金にして老後の蓄えとしているのは、多少なりとも不安があります。

現在、原油価格の急激な高騰で、物価のほうも上って来てますし、円高ドル安の内はいいのですが、為替相場の変動で円安に転じてしまうと、日々の暮らしに深刻な追い討ちが掛かってしまいます。

今の時代、資産保全の見地から見ても、資産を分散して、かつ円以外の様々な外貨で保有しておくことはもはや必須と言えるのではないでしょうか。


もし、退職金を含めた資産が3千万円あるとしましょう。
ペイオフを考慮して、例えば、円で1千万円、ドルで1千万円、ユーロで1千万円という風に分散しておけば、万が一日本経済が壊滅しても、生活して行けますし、外貨預金やFXで資産運用ができます。

FXでの資産運用は初心者でもすぐ始められるのが魅力です。

FX初心者なら、ドルとユーロで外貨保有している資産の1割程度を原資として運用するのがよいと思われます。
FXの場合は利子がつくので、それほど夢中になって運用しなくても、日々相場をチェックしていて、相場変動が激しくなって来てから、売り買いの取引を始めてもよいのです。

FX初心者を卒業して慣れて来たら、徐々に取り扱い金額を増やして行きましょう。

将来、会社をリタイヤしたら、資産を円と外貨で分散して運用し、物価の安いタイかフィリピン辺りでFX生活してみるのも良いかも知れません。

以上、FXでの資産保全について、まとめてみました。


第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用
第3回 FXは利息でも儲ける事が可能

2008年03月13日

第3回 FXは利息でも儲ける事が可能

資産の一部をドル建てで、普通の外貨預金で運用した場合、日本の限りなく0に近い低金利に比べて利息が断然有利で、為替差益とあわせると一年間でちょっとした副収入が出来てしまいます。

FX(外国為替証拠金取引)も外貨預金や外貨MMFと同じように利息が発生します。

FXの利息はスワップポイントと呼ばれています。これも日本の定期預金の低金利に比べて有利なうえ福利で運用することができます。

スワップポイントの相場は、通貨によって様々ですが、おおむね年利5%くらいはいくようです。
FX初心者でも複利で運用すれば長期的には結構な額を稼ぐことができます。

為替相場が激しく変動する場合は為替差益狙いで短期の取引をし、為替相場があまり変動しない場合はスワップポイント狙いで長期の取引をして稼ぐといった風なように為替相場に応じて対応するというのが、FX初心者向けのテクニックと言えるでしょう。

スワップポイントは毎日受け取ることができるので、定期的に日銭を稼ぐには最適です。

さらに、レバレッジをかけて、自己資金より多くの金額に対してスワップポイントを稼ぐことも出来ます。
レバレッジの詳細はについては、こちらをご参照ください


10万円の元資金に対して、10倍のレバレッジをかけると、100万円の資金が捻出できますから、これに金利5%をかけると5万円です。
元資金10万円に対しての5万円ですから、50%の利息になります。
一種の魔法ですが、こうした取引も可能であるということは、FXの有利な点の一つと言えるでしょう。
FX初心者は最初は低いレバレッジから初めて、次第に上げて行くというのがよいと思います。


第1回 FXの魅力とは
第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用


2008年03月10日

第2回 FXもう一つの魅力 ローリスクで安全運用

FXは、株取引と比べるととても楽で、前回で解説したとおりFX初心者には、とても敷居が低い資産運用法だと思います。
ローリスクが基本にあるところが株取引と決定的に違うところです。

企業の業績が基本となる株取引の場合、外的、内的要因によって、たとえば2007年に多発した偽装表示等の不祥事などが原因で、保有している株がたった一夜にして暴落して大損してしまうことがあります。

FX(外国為替証拠金取引)は、外貨の為替取引が基本となっています。
勿論、為替相場の下落によって、一時的に損をすることはあるのですが、まさかドルやEUが一夜にして破綻することはまず考えられません。

したがって、FXは株取引に比べてローリスク・ローリターンなので、FX初心者でも安心して取引ができるのです。

さらに、株が「買い」から入るのに対して、FXは「売り」という行為から入ることができるのが大きな特徴といえるでしょう。これは、FXが為替相場が下がっても利益が出せるということなのです。

たとえば、1ドル=110円で1万ドル(110万円)で売っておいて、1ドル=100円 になったところで(100万円)、買い戻して10万円の利益を得ることができます。
もちろん、逆に「買い」という行為もありますので、たとえば 1ドル=100円で1万ドル(100万円)買ったあとに、1ドル=110円 になれば(110万円)、10万円の儲けです。

このように、為替相場が上がっても下がっても、利益が出せるというのもFX初心者にとってより安全なポイントと言えるのではないでしょうか。


第1回 FXの魅力とは


2008年03月07日

第1回 FXの魅力とは

「FX」とは、日本語に訳すと「外国為替証拠金取引」といいます。
簡単に言え説明すれば、外貨取引を中心とした資産運用プランのことです。
ここでは、FX入門講座ということで、FX初心者向けにFXの魅力や株取引との違いについて説明して行きたいと思います。

まず最初に、FXは小額の投資で簡単に始められるということが挙げられます。
株取引だと自己資金として最低でも数十万円は必要ですが、FXでは1万円から始めることができる場合があります。(一般には10万円くらいです)
すなわち少ない資金で大きな取引ができるということで、資金運用の入門としては、株より手軽かつ簡単で、外貨預金よりは大きく儲けることができるのです。

続いて、FXは24時間いつでも取引が出来るということが挙げられます。
株の場合は取引時間が9時から15時までと決まっていて、その間中、PCの複数モニターに張り付いて相場の動きを追い続けるのは、極度の神経の集中を要します。昼に働いているサラリーマンにとっては副業としてやるのはとても難しいと思われます。
勤務時間中に会社のPCで株の相場を見ていてクビになった人の話を聞いたこともあります。

FXの場合には、相場が動くのは日本時間の夕刻と言われており、これだったらFX初心者サラリーマンでも、勤務時間終了と同時にダッシュで帰宅して、相場をチェックして売り買いが出来ますし、夜間の突然の相場変動にも対応できます。
一日中PCの前に張り付いている必要は無いので、FX初心者でも楽ですし、資金運用入門としても最適で簡単だと思います。

もうひとつ株との違いを挙げると、取引銘柄がほぼ決まっているので楽だということです。
円、米ドル、カナダドル、ユーロなど多くても20種類程度の銘柄に限られます。
FX初心者はわざわざリスキーな国の通貨に手を出す必要はありません。
ドルやユーロなら安心です。
対して株の場合には、主要銘柄だけでも相当数にのぼるので選択が大変ですし、当然リスキーな銘柄もある事を理解しなければなりません。

資金運用初心者にとっては、キツい部分が多いのは否定できません。
FXでは数種類の銘柄から選んで、相場の変動を見ながら売り買いをして為替差益で儲けることが出来るの方法です。

posted at 16:42
Comment(0) | TrackBack(0)
カテゴリー:ネコでもわかるFX入門講座
エントリー:第1回 FXの魅力とは

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。