シンニッタンが続急伸、営業益2ケタ増益が続くことを好感

「シンニッタンが続急伸、営業益2ケタ増益が続くことを好感」の有益情報をお届け!

投資情報、旬の注目株式銘柄を毎日発信

投資に参考になるニュース&情報を毎日発信しています

2008年05月15日

シンニッタンが続急伸、営業益2ケタ増益が続くことを好感

株式投資情報ブログ 証券オンライン(日本インタビュ新聞社)




 シンニッタン<6319>(東1)が、69円高の679円と続急伸している。前日14日、同社が2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、営業益2ケタ増益が続くことを好感した買いが入っている。

 前期営業利益は前の期比17.5%増の22億3100万円に着地、今期営業利益は前期比12.0%増の25億円、今期も20円配当を見込む。

 昨年11月中旬、同社は「株主の皆様へ」と題した文書を発表し、連結配当性向30%と数値目標を初めて明示、自社株買い枠の拡大、広報室の新設などを明示。

 昨年6月総会で増配と取締役選任の株主提案をした米運用会社のセーフ・ハーバー・インベストメントは、財務省2月29日受付の大量保有報告書では1.81%に減少し大株主ではない。

 株価は、今期予想PER9倍台、PBR0.8倍台、配当利回り2.9%と割安感はある。

 ここから大きく買い上がる水準でもないが、下押し場面は拾えるだろう。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080318-00000026-rps-ind


株式投資の必勝法



FXで勝つ為に必要な、3つの要素というのを知っていますか?
FXで勝つ為に必要な3つの要素は、このサイトの中のメッセージで語られています。
↑↑↑一ヶ月間無料お試し↑↑↑




【緊急告知】無料情報
もしあなたが、FX投資をしているとしたら、
今すぐ右記のサイトの6分間の極秘映像を見てください!


ニューフレアテクノロジーは好業績予想でストップ高。東芝・東芝機械のツレ高も
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 11:07:43 +0900
ニューフレアテクノロジー<6256>(JQ)は9万4800円ストップ高。 14日に発表した2008年3月期決算は前年比減収減益だったが、2009年3月期業績予想は、売上高290億円(前年比44.4%増)、経常利益16億円(同209.5%増)、純利益8億円(同689.8%増)の大幅増収増益を見込んでいる。 同社は半導体製造装置メーカー。東芝機械<6104>(東1)から分社したため、大口株主は東芝機械と東芝<6502>(東1)で、ほか、信託・投信なども並んでいる。 チャートを見ると、中長期で続落。3月21日につけた上場来安値5万6600円を底にジリ高傾向で来ているが、まだ安値圏。現在の株価でPERは27倍台と、とくに割安感はないが、好業績をバネに続伸で、まずは15万円フシ奪回と行きたい。東芝機械と東芝も続伸傾向で来ているので、そのツレ高も期待。

シンニッタンが続急伸、営業益2ケタ増益が続くことを好感
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 11:07:11 +0900
シンニッタン<6319>(東1)が、69円高の679円と続急伸している。前日14日、同社が2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、営業益2ケタ増益が続くことを好感した買いが入っている。前期営業利益は前の期比17.5%増の22億3100万円に着地、今期営業利益は前期比12.0%増の25億円、今期も20円配当を見込む。昨年11月中旬、同社は「株主の皆様へ」と題した文書を発表し、連結配当性向30%と数値目標を初めて明示、自社株買い枠の拡大、広報室の新設などを明示。昨年6月総会で増配と取締役選任の株...

篠崎屋は3月中間決算を先取り、S高タッチも。発表後の売り場が中期買い場に?
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 10:54:47 +0900
とうふの篠崎屋<2926>(東マ)は続伸。ストップ高ライン1万3000円にタッチする場面も出ている。東証マザーズ市場値上がり率上位にランクインしている。 とくに材料が出たわけではないようだが、3月中間決算を先取りして買われているもようだ。現在の1万3000円ラインはひとつのフシであり、信用残も10倍以上の買い長となっている。また、売り板も厚い。中間決算発表後は売り場になりそうだ。 ただ、現在の株価でPERは10.6倍、PBRは0.6倍と割安。今期2008年9月通期業績予想は前期の損失計上から黒字転換の見込...

近畿車輛がストップ高買い気配、ドバイ向けの大型案件が本格的に寄与
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 10:37:44 +0900
近畿車輛<7122>(東1)が、寄り付き前から気配値を切り上げ、80円高の419円ストップ高買い気配となっている。前日12日、2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、大幅増益が続くことを好感した買いが膨らんでいる。前期営業利益は前の期比3.2倍の21億8100万円に着地、今期営業利益は前期比2.2倍の50億円を見込む。アラブ首長国連邦ドバイ向けの大型案件が本格的に寄与する模様。原油高を背景とした中東関連人気が株価を後押ししている。

国際石油開発帝石HDは好悪材料混交でモミ合い。目先調整局面、中期では上値追いへ
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 10:27:07 +0900
国際石油開発帝石ホールディングス<1605>(東1)はモミ合い。4万円安の129万円で始まったが、その後は132万円まで戻している。 前日14日に発表した2008年3月期連結決算は前年比増収増益で、とくに純利益は1732億4500万円(前年比4.9%増)で、過去最高益を更新した。 今期2009年3月期連結業績予想は、売上高1兆0400億円(前年比13.5%減)、経常利益5890億円(同14.1%減)、純利益1200億円(同30.7%減)の減収減益見込みとなっている。 チャートを見ると、1月22日につけた年初来安値91万3...

新生銀行が3日ぶりに反落し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 10:23:05 +0900
新生銀行<8303>(東1)が、15円安の431円と3日ぶりに反落し225採用銘柄の値下がり率ランキング上位に入っている。前日14日、2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、今期当期利益が市場予想を下回る620億円(前期比3.1%増)予想を嫌気した売りが先行している。また、サブプライム関連の損失拡大を見込んでいなことなども市場からは懸念されたようだ。株価は、7日につけた戻り高値474円が上値として小幅モミ合いの展開となることが予想される。

プレナスは小幅続伸。中期続落でアク抜け、『ほっともっと』好スタート
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 10:02:31 +0900
プレナス<9945>(東1)は小幅続伸。22円高の1578円まで買われている。 3月17日につけた上場来安値1010円から上昇トレンドで来ている。フライチャイザーのほっかほっか亭総本部から独立し、今月から新ブランド『ほっともっと』を立ち上げた(写真=茅場町店では報道陣に囲まれてセレモニーを開催)。そのため、今期2009年2月期連結業績予想は前年比減収減益を見込んでおり、中期で続落してきた。そこからの出直り相場となっている。 現在の1600円ラインはひとつのフシ。なので目先、調整は入ろうが、その後はフシ上抜けで、次のフシ1800円ライン奪回、さらに次のフシ2000円台奪回へ…と行きたい。現在の株価でPERは約10.9倍と、割安感は充分。また、信用残は約0.4倍の売り長なので、今後も続伸なら買い戻しも入ってこよう。 国内証券では投資判断を「中立」から「やや強気」に引...

三菱マテリアルが3日続伸し年初来高値更新、レアメタル関連人気が後押し
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 09:58:20 +0900
三菱マテリアル<5711>(東1)が、17円高の528円と3日続伸し2月26日につけた年初来高値520円を更新している。12日に2008年3月期決算、09年3月期業績予想と併せて自社株買いを実施すると発表、自社株買いの実施とレアメタル関連人気となっている。発行済み株式総数の0.78%に相当する1000万株・取得総額50億円を上限として、取得期間は5月13日から6月13日までとしている。中国四川省で発生した大地震の影響からレアメタルの供給不足が懸念され、レアメタル回収としても市場で注目されている。また、半導体向...

CCCが続急伸し年初来高値を更新、TSUTAYA店舗増加で増益見通し
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 09:30:40 +0900
レンタル、CD販売等TSUTAYAをFCで展開カルチュア・コンビニエンス・クラブ<4756>(東1)が、37円高の582円と続急伸し1月4日の年初来高値580円を更新にしている。前日14日、同社が2008年3月期決算と併せて09年3月期業績予想を発表、前期経常利益が過去最高益達成、今期も増益予想を好感した買いが入っている。前期経常利益は前の期比59.7%減の151億3300万円に着地、今期経常利益は前期比5.7%増の160億円を見込む。Tカードの発行拠点が10,000箇所を超え、TSUTAYA以外の発行拠点でも発行が順調に進んだことが会員基盤拡大に大きく貢献し、2008年3...

ソフトバンクは「アリババ日本法人を子会社化」も市場は反応薄で小反落。総務省の行政指導も
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 09:27:28 +0900
ソフトバンク<9984>(東1)は小反落。40円安の1975円で始まっている。 中国のネット大手アリババグループ(本社・杭州市)の日本法人であるアリババ(本社・東京)の第三者割当増資を引き受け、連結子会社にすることでアリババグループと合意した。引き受け額は20億円、増資後のソフトバンクの持分は65%となる。7~9月中に実施する。 また、前日14日の後場中に、総務省がソフトバンクモバイルに対して、4~5月に大規模な通信障害が相次いだことに対し、再発防止を求める行政指導を出した。当該の1ヵ月の間に3万人以上...

ソニーは純利益10期ぶり最高益更新で買い気配切り上げ。5000円フシ上抜け続伸か
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 09:13:21 +0900
ソニー<6758>(東1)は100円高の4950円買い気配。 前日14日に発表した、2008年3月期連結決算は、売上高8兆8714億1400万円(前年比6.9%増)、税引前利益4663億1700万円(同357.0%増)、純利益3694億3500万円(同192.4%増)。純利益は10期ぶりに過去最高を更新した。 2009年3月期連結業績予想は、売上高9兆円(前年比1.4%増)、税引前利益4400億円(同5.6%減)、純利益2900億円(同21.5%減)。減益は、前年度の持分変動益剥落、携帯電話の中位...

丸誠 メンテナンス費用をコストと捉える限り価格競争は続く
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 05:38:51 +0900
丸誠<2434>(JQ)は、14日に前08年3月期業績を発表した。連結売上高117億5200万円(前々期比3.0%増)、経常利益4億7200万円(同3.3%減)、純利益2億7300万円(同6.1%増)であった。 売上高に関しては、単価が下落傾向にあるが、積極的な営業を展開して細かな物件を取ったことで、増収となった。利益面では、環境エンジニアリング事業でのベッドメーキング業務の損失が響き、営業利益4億3500万円(同3.5%減)となり、経常利益も減益となった。しかし、最終利益は、300万円の貸倒引当金...

東栄リーファーライン 今期は増収大幅増益を見込む
日本インタビュ新聞 Media-IRThu, 15 May 2008 05:25:18 +0900
東栄リーファーライン<9133>(JQ)は、14日引け後に前08年3月期の連結業績を発表した。前日上方修正を発表しているように売上高159億3500万円(前々期比13.9%増)、経常利益3億6200万円(同0.7%増)、純利益1億4700万円(同1.0%減)と2ケタ増収、経常増益であった。 同社は超冷凍運搬船を日本で初めて開発し、遠洋漁業で捕れたマグロを大量に日本に搬送したことで、それまで高級魚であったマグロを大衆化することに貢献した企業である。事業は海運、貿易、洋上給油の3事業に分かれている。前期は、洋上給油事業...

インタートレード 08年9月期中間期業績予想の修正を発表
日本インタビュ新聞 Media-IRWed, 14 May 2008 23:29:42 +0900
証券業務向けトータルソリューション提供のインタートレード<3747>(東マ)は、14日引け後、08年9月期中間期業績予想の修正を発表した。 連結売上高は、前回予想を1700万円下回る20億4300万円(前年同期比33.4%増)、経常損益は2億3300万円改善する2億9700万円の損失(前年同期は1億1000万円の損失)、純損益は600万円改善する4億3400万円の損失(同1億600万円の損失)となる見込み。 各事業セグメントにおける売上はほぼ計画通りの推移であったが、証券ソリューション事業のうち、比較的利益率の高い証券業務向けフロントシステムの納品・...

フレンテの第3四半期
日本インタビュ新聞 Media-IRWed, 14 May 2008 22:10:00 +0900
フレンテ<2226>(JQ)の08年6月期第3四半期は、原材料価格の高騰に伴い売上原価が上昇したものの、スナックやタブレットの売り上げが好調に推移したことで、売上高216億6、400万円(前年同期比11.0%増)、経常利益2億2、300万円(同73.8%減)、純利益9、600万円(同68.8%減)になった。1株当りの純利益は25円55銭(前期は81円86銭)。 セグメント別で見ると、スナック部門は、コイケヤポテトチップスやマヨポテなどの売り上げが好調に推移したことで、売上高は前年同期比7.6%増になった...



株式投資必勝法




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。